色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす

日本三大茶と言われる静岡茶、宇治茶、狭山茶ですが、狭山では昔から茶摘み時にPRを兼ねて「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」という歌があるそうです。

おいしさの秘密は、涼しいな丘陵地帯に茶畑が多く、茶葉をじっくりと成長させるため、深い味わいとなることが挙げられます。 生産量こそ多くはありませんが、狭山茶の歴史は古く鎌倉時代にさかのぼります。それから本格的に茶業となったのは江戸時代後期になります。当時は現在のような茶畑ではなく、冬の季節風を防ぐために植えたり、畑の区切りを明らかにするために植えたりという用途があったそうです。お茶にはその香りから心を穏やかにする効果もありますが、健康維持のために他にも様々な効果があります。まず、お茶に含まれるタンニンが細菌の繁殖を防ぎ口臭予防となります。またカフェインは中枢神経に作用して思考力を増進させ、神経疲労やストレス解消・疲労回復に効果があります。毎日お茶を飲むことで腸が活発になり、便秘解消にも役立つでしょう。ペットボトルで手軽に飲むことができるようになったお茶ですが、他にもいろんな効果があります。茶葉からお茶を入れその効果とともに穏やかな時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。http://www.jaguar-yokota.com